So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

本の虫(その6) [読書]

アメリカの図書館に通い出してまもなく、書棚の一角を
どーんと占めている「Nancy Drew Mystery Stories」が
目に入った。シリーズ全体で百冊近くにも及んでいる。
文章がきびきびとしていて展開が早いこと、舞台が広い牧場だったり、
古い大邸宅だったりと、魅力的な場面が用意されていることなど、
なかなかおもしろくて、たちまちとりこになった。
読者の対象年齢は10~12歳くらいだろう。主人公の女性探偵、ナンシーは
十代後半。読者と主人公の年齢差は気になったが、日本でも人気が
出るのでは、と思えた。図書館で借りて読んだ後、特に面白かった
十数冊は書店で購入し、自分で翻訳してみた。

この本を手にしていると、アメリカ人は必ずと言っていいほど、
声をかけてくる。「ああ、その本、懐かしい、子供の頃、
何冊も読んだ」とか、「ああ、私のお気に入りはね・・」
と、シリーズの中の数冊を推薦してくる人もいた。
男性の多くは、
「The Bobbsey Twinsの方に夢中になったよ」と言う。
同じ出版社から出されているシリーズで、こちらはやや
年少の子向き。二組の双子が活躍するミステリーである。

帰国すると間もなく、私は自分で訳したナンシー・ドルーの
小説を出版社の人に見てもらった。今ならインターネットがあるから、
世界中の本を簡単に入手でき、また、それらがどこで翻訳出版
されているかも、一瞬で調べることができる。でも、当時は
こんなことが容易ではなかったのだ。私が持ち込んだ出版社の人も、
最初は乗り気だったが、「調べたら、このシリーズの幾つかは
他の出版社からすでに出てますね」と言い出した。
たまたま訳した一冊が、子供の頃一時夢中になって読んでいた
「少女名作シリーズ」(偕成社)に入っていた、と知ったときは愕然とした。
ああ、あの時、シリーズの全部を読んでいたらなあ、と
つくづく思ったことだった。

それでも、たくさんあるナンシーシリーズのこと、
訳されていないものもある。日本で訳されていない、面白そうなものを訳して
見せて下さい、と言われて、とりあえず、出版されていないものを
翻訳して読んでもらったりしていたのだけれど・・・。

やがて、このシリーズ全体が、他の大手の出版社によって、
版権を独占された、と聞かされた。翻訳を巡っては、こういう話は
多々あるらしい。ちなみに当時はワープロも持っていなくて、
原稿用紙に鉛筆で手書きしていたのである。
深い脱力感に襲われ、しばらく何も手につかなかった・・・。

nice!(0)  コメント(0) 

本の虫(その5) [読書]

アメリカに留学のために日本を発った時、私は
三十歳を少し過ぎていた。それまで十年ほどもお勤めし、
ほんのわずかだが貯金ができてからの新たな出発。
不安いっぱいだったが、気持ちはずっと前向きだった。

借りたアパートの徒歩圏内に、公共の図書館が
あったのは幸運だった。この図書館は年中無休、
それに朝八時から夜十時くらいまで開館している。
パスポートを見せて貸し出しカードを作ってもらうと、
貸出冊数に制限はない、と言われた。う~ん、ちょっと
寛大過ぎはしないか? でも有難く、持てるだけ借りる。

最初は子供のコーナーに出かけて、児童書から借り始めた。
英語力に不安があったし、それに英語圏の児童書に
興味があった(できれば、日本に紹介する仕事がしたかった)。
でも、そんな不安も野望も一気に吹っ飛んだ。
本の世界に夢中になってしまったからである。


絵本を開くと、英語の言葉がたちまち実態を得て、
弾けだすような感覚を初めて味わった。ああ、これこそが
言葉だった、と自分が初めて平仮名を教わったときの、
あの、新しい世界へ一歩踏み出すような感覚、なのだが・・。

微妙にそれとも異なる。英語はすでに中学、高校、大学と
もういやになるほど「お勉強」している。でも、一度も
それらの「語感」を学ばずに来たんだ、と気づかされたのだ。

私はアメリカでアパートを借りるとすぐ、近くの中学校で夜間
開かれていた外国人のための夏季英語講座に通い出すが、昼間は
子供の本ばかり読んで過ごした。小学校時代に戻ったような、
あまく、幸せな時間だった。

nice!(1)  コメント(0) 

本の虫(その4) [読書]

中学校に入学すると間もなく、私は学校の図書室に
出かけて行った。また新しい本との出会いを期待していたのに、
中学校の図書室は、まったく最低のところだった。
ごく普通の教室一つを図書室に使っているだけ、というのは
田舎の中学なんだから仕方ないにしても、閉架式、と聞いて、
全く落胆した。図書室の前にカードケースを収めた棚があって、
読みたい本のカードを選んで、図書係に渡す仕組みになっている。
カードケースの前は混んでいて、まったく近づけないことさえあった。

書棚の前に立ち、まず背表紙をあれこれと眺めながら
内容を想像し、何冊かは書棚から引き出して、
ぱらぱらとめくってみて、判断する。その時間が楽しいのに、
なんという味気ない図書館なんだろう・・・。
あの時に、もう少しましな図書室だったらなあ、と
つくづく残念に思う。読めば夢中になり、乾いた海綿のように、
なんでも吸収できる柔軟な頭を持っていた大切なあの時期に。

私は中学校の図書室から一冊も借りずじまいだった。
図書カードさえ作らなかったのである。
でも、マシだったのは、部活のテニスが楽しかったこと。
晴天の日曜日は、部活のために登校するようにさえなった。
読書はしなかったが、体は鍛えた。それはそれでよかった、
と今は思うのである。

nice!(0)  コメント(0) 

本の虫(その3) [読書]

翻訳少女小説(そして少女漫画にも)に強く惹かれながら、
母にきつくたしなめられて消沈していた私。
それからまもなくの、小学校五年生の頃に利用していた
図書館に、新しい本がどっと並んだ。ポプラ社から刊行された
「江戸川乱歩全集」である。これは子供たちに大人気で、
たちまち取り合いになった。噂を聞いて図書館に駆け付けた
私は、最初の二、三回はまったく目にすることさえできず。
返却されるの待ち伏せするようにして、借りることに。

その怪しい魅力についのめりこんでしまったのだが・・・。
少女小説を巡って母にきついお目玉を食らっていた時は、
あからさまに見方はしてくれなくても同情的だった父は、
江戸川乱歩にのめり込む娘を良くは思っていなかったらしい。
図書館の本だから仕方ない、という態度だったが、
私も思い切り読みふける、ということはできにくい
雰囲気になってしまった。
我が家では、休日の朝は両親とも起床時間が遅かったので、
私はこっそり早起きして乱歩を読んでいた記憶がある。

同時期に、ホームズやルパンなども読み始めた。
でも、自由に読める本が少なすぎた。続けて読もうとしても
図書館には入っていなかったり、貸し出し中が続いて
借りられなかったりする。そして、小学校卒業を迎えてしまう。
nice!(0)  コメント(0) 

本の虫(その2) [読書]

文字が読めるようになって、たちまちのめり込んだのは、
実は漫画の方だった。最初に読んだのが近所のお姉さんが
貸してくれた「なかよし」掲載の「ぺスよ尾をふれ」だったことも
よく覚えている。「りぼん」の「おてんば天使」や「おはようコロタン」も
好きになり、これ等の月刊漫画雑誌が読みたくて気が狂うほど
だったけれど、母が少女漫画を異常なほど嫌っていて、
借りてきて読んでいてさえ、つけつけと文句を言われた。
まして購入してもらえたのは風邪をひいて寝込んだ時くらい。

小学校三年になるときの春休み、毎年祖母の家に出かける途中、
山形の駅前の書店で一冊好きな本を選んでよい、と言われていて、
私は美しいイラストに惹かれて『天使の花かご』を手にした。
これを機に、私は翻訳版の少女小説にのめり込むことになった。

『天使の花かご』は、最近ネットで調べてみてわかったのだが、
ドイツの作家シュミットの作品で、翻訳は谷村まち子のものだった。
偕成社の「少女名作シリーズ」の一冊だったことは良く覚えている。
この本は近所の同年代の友人に愛され、そして「面白かった」
という友人たちは、このシリーズから別の本を購入して
私に貸してくれた。それで私は『悲しみの王妃』(マリーアントワネットの
伝記)、オルコットの『美しいポリー』を読んだのである。

私はこの名作シリーズが他に十数冊出ていることを知って、
母に「全部読みたい」と言って、あきれられた。それで
私は自分の『天使の・・』のみならず、友人の『悲しみの‥』も
何度も借りては繰り返し読み、読んでは泣いたりしているので
(悲劇的内容なのだ)母はしまいは激怒し、
少女小説禁止令が発令されてしまった。
私は今もそうだが、夢中になると周りの音が聞こえなくなり、
母から頼まれる用事に、生返事するようになったことが
母の逆鱗に触れてしまったらしかった・・・・。




nice!(0)  コメント(0) 

本の虫 [読書]

本の虫、別名活字中毒。英語にもbookwormなる言葉が
あって、紙魚のことだが、転じて読書狂を指す。

私は平仮名を全部読めるようになったのが小学校入学
直前、と遅かったので、文字が読めるようになった時の、何か
異なる次元に立ったような感じ、見知らぬ世界への扉が突然
開き、明るい世界へ飛び出したような感覚を、微かながら覚えている。

早速、近所のお姉さんに、図書館に連れて行ってもらって
貸出カードを作ってもらい、二冊借りた。この図書館は、
父の会社の労働組合会館に付設された小さなもので、
学校の教室半分くらいのところに、書架がせいぜい十数面、
というところ。子供用の書架は三棚くらいだったけれど、
好きな本を借りられる、ということに驚嘆したことも覚えている。

その時に借りた一冊は、『チロリン村とクルミの木』、
当時、テレビで放映されていた人形劇の物語版で、表紙に、
くるみのクル子ちゃんなど登場する人形の写真が使われていて、
目を引かれたからだ。それと
子供向きにリライトされたジャックロンドンの『荒野の呼び声』。
これは、たぶん一緒に行った年上の友人が勧めくれたからでは
なかっただろうか。私はこちらの方の本を夢中になった。
物語の世界に没頭していく、きっかけになった本だった。
         (この項、続けます)

nice!(0)  コメント(0) 

サンドリヨン [藝術]

NYのメトロポリタン・オペラが日本の映画館で上映される、
METライブビューイング、2017-2018の最後の演目が
このサンドリヨン、シンデレラのフランス語読み。
もともとペローの童話であるし、この歌劇は、
フランスの歌劇界で名の知られたマスネの作品である。

とはいえ、マスネって、タイスの瞑想曲だけが突出して
有名で、オペラ「タイス」は知らなくてもこの曲だけは
聞いたことがある、という日本人が多いのではないだろうか。

ともあれ、「サンドリヨン」の舞台の写真が今年度のオペラのパンフの
表紙にも使われていて、すごく幻想的な雰囲気なので期待していた。


ところが・・・。
舞台装置がものすごく簡略されていて、かなり手抜き的。
音楽の方も、特に前半の方は単調な印象だった。
素晴らしかったのは衣装で、ペローの童話が最初に印刷されたとき、
三色しか使われていなかった、という理由から、衣装の色彩も
その三色に限定されたということだった。女性たちの衣装は、
主人公のドレスを除き、全員がややくすんだ赤に統一されていた。
色彩が同一だからだろうか、そのデザインは個々に異なり、
これを見ているだけでも、十分楽しめたのだけれども。

オペラの醍醐味である重唱がとても少なく、全体に単調な感じは
否めなかったのである。ストーリーの展開も、かなり
独創的な部分があったけれど、シンデレラのストーリーに
そぐわない、と思われる部分もあったりして。

この映画館での私のオペラ鑑賞は、これで四作目だったが、
それまでの三作品が素晴らしかっただけに、ちょっと拍子抜けな
感じ。11月ごろから新年度の演目が登場してくるらしい。
それに期待したい。


nice!(0)  コメント(0) 

多摩森林科学園 [旅]

学生時代からの友人、Nに誘われて多摩森林科学園なる
ところへ出かけてきた。Nは山歩きが好きで、北アルプスなどにも
登っているらしい。私はそういうところには付き合えない、
でも、丘陵くらいならいいよ、と言ってあったので、ここくらいなら、
ということになったのだろう。

JRの高尾駅から徒歩十分ほどのところにある、森林総合研究所なる
ところの付属施設(?)らしい。広さは約8ヘクタールとのこと。
「各種の桜の保存林として有名なので、開花期はかなり混雑するけど、
この季節、あまり人はいないよ、でも深緑がきれいだし、
運が良かったら、ムササビとか、動物も見れるかも」とNが言う。

待ち合わせ当日はあいにく、午後から雨の情報だったので、
時間を繰り上げて、開園と同時に入ることにした。
門扉を開けてくれた人が、早速
「今、モリアオガエルの卵が見られますよ」
と、管理棟の裏の池に案内してくれる。
メスが木に登り、それをオスが追いかけて産卵するらしい。
木の枝の高いところに、大きな泡状の卵がくっついていて
びっくり。知らなければ、蛙の卵とは気がつかなかったはず。

その後、二人でゆっくりとおしゃべりしながら
森の中を歩く。楓や桜、ケヤキ、メタセコイア、松、杉・・。
時々立ち止まって、木の実や花を見たり、
葉っぱに留まっている天道虫やカメムシなどを
カメラに収めたり。

途中で、ガサガサッと音がして目の前を
むっくりとした生き物がさっと横切っていった。
狸らしい。大きなしっぽがつるりっと、道の端に
見え、すぐさま姿が消えた。

途中でちらちらと細かい雨が降ったが、すぐ止む。

「ねえ、エマ・トンプソンって、他にどんな映画に
出ていたっけ?」唐突にNが訊いてくる。私が
本当に久しぶりにイギリス映画「日の名残り」を見た、
と何かの用のついでにメールに書いたのは、一か月も前のこと。

面食らったが、すぐに、ちょっと苦笑。
Nと話していると、物凄く唐突に話題が飛ぶ。
学生の頃は、もっと酷かった。こちらが彼女の問いに誠意を
もって答えている、という場面でも、急にものすごく
関係ない話題を振られる。驚き、時にむかついたり、
虚しくなったりもしたけれど。

彼女は彼女のペースでおっとりと生きている、と理解でき。
今は、自然に受け止められるようになった。もう、
半世紀近く付き合ってきたから。
森の青い空気を吸いながら、のほほんと過ごした半日・・・。




nice!(0)  コメント(0) 

谷川俊太郎 続 [文学]

手元にある谷川俊太郎『はだか』(筑摩書房)の奥付は
1988年 7月30日 第一刷発行
1990年 8月20日 第十七刷発行

となっている。わずか二年で十七刷、という驚異的な
売り上げを果たした詩集なのだった。私はこの頃、
短歌の方に目が向いていて、現代詩を読んでいず、
たぶん、評判を知ってから慌てて買いに行ったのだと思う。

読んですぐさま納得した。やはり谷川さんは凄い。

『はだか』はA5判をやや細長くしたような大きさで、
段ボール紙のややぶっきらぼうな感じの箱付きである。
モノクロの挿絵がついていて、これは当時谷川さんの
パートナーでもあった、絵本画家・作家の佐野洋子さんによる。
ふと太とした線画が印象的だが、詩によりかからず、
かといって内容を邪魔しない、絶妙なスタンスを保っている。

収録されているのは23篇の詩で、主体は子供、
というか、子供の声で語りかけられている詩、と聞こえる
作品なのだった。それだけに切実さがあって、
どの詩も、読むたびに何か心の深いところを打たれているような
気になって、じん、としてしまう。

詩のなかには、男の子の声で語られるような詩と、
女の子の声らしいものと二種類あるのだけれど、
男の子の方が、断然いいのである。谷川さんが
かつて、男の子、だったからだろうなあ、などと想像する。
nice!(0)  コメント(0) 

谷川俊太郎 [文学]

現代詩人のなかで一番好きな人は、と訊かれたら
ためらうことなく即答する。谷川俊太郎さん、と。

初めて読んだ詩集が何だったかは忘れたが、
最初に購入したのはなぜか『谷川俊太郎詩集 続』(思潮社)。
奥付を見ると、1981年5月1日第三刷発行、となっている。
(短歌を初めて間もないこである。私は短歌より先に
現代詩の方を読んでいた)
不思議なことに初版の日付がないが、1979年らしい。

この本を読んでいるうちに、やはり『谷川俊太郎詩集』も
欲しくなって購入した。こちらの奥付は
 1965年1月29日 第一刷発行
 1983年12月15日 第十四刷発行

と併記されている。詩集で十四刷って、やはりすごい。
でも、読んでいると私は、『谷川俊太郎詩集 続』の方が、
好きかもしれない、いや、断然好き、という気がしてくる。
でも、もっと好きな谷川さんの詩集がある。
それは『はだか』・・・。(続きます)
nice!(0)  コメント(0)