So-net無料ブログ作成

昆虫図鑑 [読書]

栗木京子歌集『南の窓から』を読んでいたら
「心が沈みがちな日は、昆虫図鑑をひらく」と
いう詞書のついた一首があった。

  粉状のアブラムシ喰ふ粒ほどのテントウムシをり緑の世界
                       栗木京子

ちょっと気持ち悪い場面なのだが、結句でうまく逃がしてある。
さすがだなあ、と思いつつ、そういえば私、昆虫図鑑を手元に
持っていないことに気が付いた。数年前、父母の家の書棚整理を
手伝っていた時に、小学生の頃に使っていた昆虫図鑑が出てきたので、
持ち帰ってみてみると、なんとかなりの昆虫がすでに絶滅している
あるいは環境が変わって、周囲で見られなくなっている、ということを
知り、愕然としたのだった。その代わり、異なる種類の昆虫も
見られるようになっているらしいのだが。

新しい図鑑を買おうと思いながら、延び延びになっていた。
植物図鑑は何種類も持っているのに、昆虫だけ全く
手元になかったのは、相棒の昆虫嫌いも理由の一つだった。
図鑑は結構値が張るものが多いので、いつも相棒の職場と
契約のある書店に注文してもらっていた(一割引になる)。
でも相棒は昆虫図鑑だけは、無視してくれてたみたいだ。

さっそく、購入のために調べてみることにする。
図鑑に私が求めるのは、種類の豊富さ、写真の鮮明さ、
さらに過不足ない説明が付されていること。

そこで選んだのが『日本の昆虫図鑑1400』(文一総合出版刊)。
二巻に分かれていたので、とりあえず第一巻のチョウ・バッタ・
セミ編を購入する。評判通り、写真はとても綺麗。
種類も豊富で、ところどころに、楽しい解説もついている。
もう少し大判でもよかったかな、とおもうが(文庫版である)。
持ち運ぶには便利である。

開いてみると、やはり、昆虫はかなり不気味である。
でも、なんともユニーク。子供が夢中になるのもわかる。
生きている小さな怪獣、という趣があるからだ。

nice!(1)  コメント(0) 

旅情ミステリ [読書]

内田康夫という作家は名前を知っていたのみ。
作品には触れたことがなく、時々は、テレビドラマ化も
されていたが、私はテレビドラマというものを全く見ないので、
そちらも知ることなく、過ごしてきていた。

最近、にわかに興味を持ったのは、何のことはない、
今、追い込み作業中の「お菓子のうた」続編を書くにあたって、
必要に迫られたからだった。まったく、泥縄もいいところだ。

内田は旅情ミステリ作家として知られているらしい。
ますます、食指が動かなくなる。だいたい、あの手の小説は
長いだろうし。ミステリ好きの相棒にとりあえず、
聞いてみる。彼は即座に言った。
「ああ、あれ、つまらないよ」
「え、どうしてつまらないの? なんて本を読んだの?」
「浅見光彦が出てくるやつ。展開が論理的じゃないんだ」

う~ん、頼りにはならぬようだ。自分で読むしかない。
(当たり前なのである。長いから、自分に合いそうにないから
と、他人に頼ろうとするのがいけないのだ。資料の渉猟に
王道はないのだ・・・。)

反省して、内田の小説をどさっと、図書館から借りてきた。
とにかく、ずいぶんたくさん置いてあって助かった。
まず最初はパラパラ・・・。そうするうちに・・・。

なかなか面白い部分も出てきて、のめりこんでしまって
いる自分に気が付いた。その一冊が
『軽井沢殺人事件』である。でも、旅情もの、というのとは
かなり違う。それもそのはず、内田は小説家になってまもなく、
軽井沢に居をさだめ、ここを拠点に作家活動をしてきていた。
まさに、本拠地のことで、もう、面的に詳しい。

軽井沢についての知識が素晴らしく深く、その記述に
リアリティがあって面白いのである。
ただし、ミステリとしての筋の展開は・・・。
雑駁かな、という気がした。私はほかに二、三冊、
それもかなりのスピードで読んだので、印象批評を
出ないのだけれど、この作家はミステリという傘をさした、
地域情報ライターかも、という気がした。

『カラスの教科書』 [読書]

松原始著『カラスの教科書』(雷鳥社)が、めっぽう面白い。
著者は、大学で動物行動学を学んだ方で、
冒頭から、専門をカラスに選んだことを、いろいろ言い訳がましく
述べられているんだけれど、私は
「カラス、調べたくなる気持ち、当然じゃん」
と、返したくなる。カラスはかなり面白い鳥だと
思っているし。専門にして、一日中
追いかけてるなんて、羨ましくなるのだ。

そして著者の松原サンは、たちまち
「ほうら、カラスってこうなんだよ、面白いでしょ」
と展開してくる。ぼんやり面白い、とだけ思っていた私は、
専門的な裏付けを得て、鮮明に面白くなるのだった。

我が家の近くで見かけるのは、圧倒的にハシブトカラス。
でかくて、目力も凄い。先日は、庭で何やら激しい
羽ばたきの音がしたのでガラス越に見てみると、
二羽が激しくけんかしていた。塀の上にやや小さめの
一羽が見下ろしていたので、この雌を巡って争っていたらしい。

一羽が、ついにもう一羽をあおむけにし、足でぐいっと
おさえつけて顔のあたりを激しく突き始めた。不利な体勢の一羽は、
背中を地面の上で滑らせながら、逃れようと必死になっている。
身近に観たので、ものすごい迫力だった。

近くの公園で、ハト狩りをするカラスを観たこともある。
その様子が執拗で、凄く残酷なのに驚かされた。
松原サンは
  なまじ戦闘力が弱いために、仕留めるのに手間取ったり、
  見るからに弱い相手しか襲えないので、「残虐」「卑怯」の
  レッテルを貼られてしまう。
と、かなりカラス側を弁護している。
毎日何時間もカラスと向き合っていると、愛情も
深まるんだろうなあ、とちょっとじんとなった。

『資本主義と奴隷制』 [読書]

E・ウイリアムズ著『資本主義と奴隷制』(理論社・1968年刊)。
この本も、相棒の書棚からみつけた。
A5判 300ページの大著である。
最初は訳文に堅さと
難解さも感じられ、読みづらかったのだけれど、いつのまにか
引き込まれ、読み上げてしまっていた。

初版は1944年、ノースカロライナ大学出版部から刊行されている。
この本の基本的部分は、1911年トリニダード生まれの著者が
オックスフォードに学んだ時に学位論文として提出した文章から成るという。
となると、構想されたのは、1930年代後半頃か。

十七世紀から十九世紀にかけての西インド諸島の経済的、社会的状況を
各方面からデータを集めて詳細に分析、検討を加えている。
そして、結論として
「西インド諸島のプランテーションを中心に、独占と奴隷制により
商業的資本主義が発達、それがイギリスの産業資本主義を育て上げ、
最終的にはその産業資本主義が商業資本主義を滅ぼした」
と、明言している。

この論説については、例えば増田義郎『略奪の海 カリブ』(岩波新書)
などで知っていたけれど、最初の提言者がこのE・ウイリアムズであり、
二十世紀の前半にはすでに、世に問われていた論説だったとは、初めて知った。

ウイリアムズはアフリカ系トリニダード人で、欧米では差別的待遇も
受けたようである。そうした状況の中で、彼はほかにも数々の著書を刊行している。
『コロンブスからカストロまで』(岩波書店・2000年刊)など。
さらに、トリニダードの独立のために奔走し、
1961年に独立した後、81年に亡くなるまで首相を務めたというから、
驚かされる。まさに、学説をものし、そしてその理論を
実践に移した、そんな人生だったに違いない。

西インド諸島の歴史的ダイナミズムが一人の人生の中に
凝縮されている、と感じる。