So-net無料ブログ作成

北海道ミニ(その6) [旅]

ビート博物館でタクシーを呼んでもらい、帯広駅へ。
JR根室本線を使って、釧路へ行くためである。
11時40分発「スーパーおおぞら」に乗る予定。
昼食は列車の中で摂ることにして、駅弁を色々と
探す。帯広に来て、まだ帯広名物の豚丼を食べていなかった!

どこのが美味しいかな。多分駅前でいつも行列ができていた
あのお店がうまいのだろうけれど、もちろんそんなところに
並んでいる時間的余裕はない。コンビニでさりげなく聞いてみる。
「そこの豚はげさんのもかなりいけますよ」とのこと。
つまり駅ビルの中にあるお店で、テイクアウトもできるのだ。

弁当は三種類で、大きさによる違いだけ。私は豚二枚の
小弁当、相棒は豚四枚の中弁当を買う。お値段は670円と940円。
北海道のJRには、ずっと乗りたくていて乗れなかったので、
本当にワクワク。スーパーおおぞらは、乗客率は二割くらい。
その約半分が外国人である。私たちの乗った車両には、
西洋人が四人。中国人らしい家族が三人・・・。

豚丼は期待以上に美味だった。豚そのものにコクがあって、
また特製のたれも、甘すぎず、辛すぎず。豚全体に
かかっている胡椒がなんともいい。ああ、全部食べてしまうの、
惜しいなあ、と思いつつ完食。でも二枚くらいが私には限度。
豚丼の包み紙に記されている帯広開拓の祖・依田勉三の

  開墾のはじめは豚とひとつ鍋

の句に、当時を色々と想像する。読むほどに味わいが感じられる。
後は窓の外をずっと眺めていた。揺れている白い花は
ノコギリソウかな。やがて海が見えてくる。冥い北の海。
霧が出て、視界は狭い。ああ、北東の果て近くまで来たんだ。
帯広と釧路は近いけど、ダンチだなあ・・。
と、豚丼食べてほっとしているくせに、気持ちは少々感傷的。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0