So-net無料ブログ作成

淡雪羹 [食文化]

五年前に上梓した「お菓子のうた」の続編、
近いうちに出せる運びとなり、今追い込み作業に
入っている。書く方もなかなかの作業だけれど、
私にとって気持ちの負担がより大きいのは、
写真である。腕前はまあ、自信はないが、
それも、最近のカメラの性能がかなりカバーしてくれる。
より気が重いのは、撮影のためのお菓子を調達すること、
そして、より良い状態で、撮影に持ち込むことである。
ネットで購入したお菓子も、破損していないだろうかと、
包みを開くときはドキドキしっぱなしである。

一つ一つ、なんとか乗り越えてきたけれど、
どうしてもうまく調達できないお菓子が、いくつかあった。
その一つが、淡雪羹である。今回の「お菓子のうた」は、いわば、
「郷土菓子編」として書くことにしてあったので、
郷土銘菓としてのそれを利用したかった。

淡雪羹が郷土菓子として知られている地域は、
山口県と、愛知県である。こちらのお菓子を
入手して撮影したかったのだけれど、
如何せん、淡雪羹というその名から推測できるように、
賞味期限がとても短い。遠方から取り寄せるのは、
なかなか難しい、ということが分かった。

淡雪羹の作り方は知っている。卵白を泡立て、
寒天と砂糖を混ぜて、固めたお菓子である。
ええい、自分で作ろう、と決心した。
目標は、味はともかく、見栄えを最優先すること、
である。撮影して本に掲載するのだから、
味までが映ることはなかろう・・・。

さて、作ってみました。
途中で、寒天部分と卵白部分が分離しそうになり、
必死でかき混ぜながら、何とか、カッコだけは・・・。
写真に写してみると、ふ~む、
愛知県は岡崎市の銘菓「あわ雪」には、遠く及ばぬ、
ような・・・。でも、どういうお菓子なのかは、
それなりに映っているような・・・。
でも、あとは印刷だなあ・・。

「お菓子のうた」にもほんの八葉だけ写真を入れたが、
どの写真もPCでは素晴らしい映りだったのに(いや、
単なる自己満足でもないのですよ)、本に掲載されたものは、
かなりジミだった。今回は四十四枚もの写真を
掲載する。苦労したけれど、どうだろう、今からドキドキ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0