So-net無料ブログ作成

編み物 [生活]

昨年、家の近くの老人介護施設に入所した父母。
二人とも、やや歩行に難がある程度で、
至って健康なのだが、入浴などが難しくなったためである。

特に母は、少々耳が遠い程度で、認知症の傾向もなく
この二月ごろ、「編み物がしたい」と言い出した。
それで、編み物の本などと共に毛糸や編み棒を
持っていくと、さっそく手を動かし始める。

私は週に三度ずつ両親のもとに出かけることにしているのだが
二日後に行ったときは、マフラーというより、小さな襟巻、
といった感じのものが出来上がっていた。

「もう少し、長い方が、マフラーとして使えるじゃない?」
と水を向けたのだが、
「あら、このくらいの方が、すっきりしていいわ。
ブローチかなんかで、とめたらいいじゃないの」
と、反論された。母は今までもずっとそうだったが、
私の言い分に素直に従うような人ではない。

でも、九十才を越えて、まだ編み物ができる、
というのは素敵なことだ、と思い直し、しばらく襟巻と
して、使っていた。純毛だからとても暖かい。

その後も「毛糸を買ってきて」と言われるままに
あれこれと買っていくと、次々に編み続ける。
ただし、まっすぐに編むだけ。
「昔は、帽子やら靴下、セーターだって、
すいすい編めたんだけれど、もう目の増やし方とか
忘れちゃったから、無理だわ」

それはいい。でも、同じ毛糸をたくさん買っていっても、
長さが五十センチくらいに来たところで、やめてしまう。
短い襟巻が沢山出来る。ついでに、中途半端に毛糸が余る。

それで、途中でやめてしまった「作品」を
私が続けて編むことにした。編み物は、三十五年ぶりか・・・。

編みながら、思い出した。短歌を始めるようになってから、
編み物の類には、まったく興味を失っていたことに。
でも、母も言うように、手が覚えている。
自分でも驚くほどに指が動き、長いマフラーが出来上がった。

編み物は、何か考えをまとめるときにも、結構効果的かも、
とも思う。無心に編む楽しさ、というのもあるかも知れない。

「ねえ、また糸を買ってきて」
「毛糸、まだたくさんあるじゃない」
「毛糸は冬物でしょう?これから編むんだから、
サマーヤーンがいいわねえ」

ふうむ、また短い襟巻が沢山出来るのか、
とちょっと気が重くなっている・・・。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0