So-net無料ブログ作成
検索選択

みかんの季節 [食文化]

今、スーパー果物売り場に行くと、
一番目を引くのが、かんきつ類。
伊予柑、ポンカン、オレンジ、甘夏、
ジューシーオレンジ、グレープフルーツ・・・。
売り場全体が黄色く見えるくらい。

我が家でも甘夏の木を植えていて、三週間くらい前に、
収穫を終えた。二メートル足らずの木なんだけれど、
全部で、二百個近い収穫があった。自家用にはそのうち
五十個くらいを確保。残りは全部、ご近所の方に
差し上げました。キイチゴなんか頂いているし。
喜んでもらえるのが一番(家で食べきれないし)。

そのうちの五個を使って、恒例のジャムづくりも。
きれいに洗った甘夏を二等分して、果汁を絞り、
中の袋は捨てる。皮をできるだけ細く切り(これが
結構手間です)、水を何度も入れ替えながら、あく抜きする。

この刻んだ皮と果汁を合わせて、一晩冷蔵庫で寝かせる。
翌日、ホーロー引きの鍋に入れて、中火で煮始める。
だいたい、二十分くらい。そのあと、全体の重さの
六割くらいの砂糖を二等分して、鍋に入れて煮ていく。

家じゅうが柑橘の匂いいっぱいになって、
最初は良い気持ち・・・途中から、ちょっと
いやになって、めいっぱい窓を開け、換気もすることに。

そうして、八百グラムほどのジャムができました。
苦労しただけあって、素晴らしくおいしい。
私は毎朝、ヨーグルトに入れて食べている。
夏みかん、まだ残っているし、ジャムはどんどん減るので、
もう少し作りたいんだけれど・・・。
気力が出ない。そんなこんなで、ミカンの季節も過ぎていきます・・・。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: