So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

中国の友人(その3) [生活]

外国人の友人を持つということは、
自国と絶えず向き合うことでもある、と感じる。
些細なことだが、例えば、医学生であるYは、
「中国では医者は特に、エリートとはみなされない」
と言い、日本語学科の学生のSも
「私の学部と、Yの大学の学部の入学難度はほぼ同じ」
と言う。Sの父親も医者だが特に所得が多い訳でもない、
とのこと。日本とはかなり異なる。

中国で最も尊敬され、憧憬の対象となる職業は、というと、
「社長」なのだとか。つまり起業して、成功している人、
という意味らしい。自分で企画する面白さを味わえ、
人の上に立てるうえに、お金も儲かる、ということか。
大半の日本人の感覚とは、やはり異なるかも・・・。

それはやはり、中国にはまだ社会的に未成熟な部分が多く、
格差が厳然とあり、下層から脱却したいと思う
若者が多く存在する、ということの証でもあるのではないか。
などと、彼我の差を考えながら、彼らとお喋りするのは楽しい。
nice!(0)  コメント(0) 

中国の友人(その2) [生活]

私がSとYに初めて会ったのは、16年前。
吉林省で仕事をしていた相棒に付き添い、
長春で二か月ほど滞在することになったのだが、
その最初の日、相棒の同僚の上司である
M女史が「日本に留学を望んでいる女子大生がいるので、
相談に乗ってやってほしい」と言い出したのである。

その翌日、私たちの滞在していたホテルのロビーに
その女子大生はやってきた。でも、一人ではなかった。
付き添っていたのがYで、今の彼女の御主人と言う訳である。

Yは当時医学部に通う学生で、Sとは高校時代の同級生。
二人はすでに将来を約束した仲だった。見た目には、
Sはしっかり者のお姉さん、Yはやんちゃな弟、という雰囲気。

そしてYはいきなり私に英語で
「僕は、Mの息子です」と告げてきたのである。
Sは日本語学科の学生だったので、日本語をかなり
流ちょうに操る。Yは英語だけだが発音がきれいで、
話しやすかった。

彼ら二人は、その後、たびたび私のところを訪ねてきて、
一緒に長春市内を歩き回り、食べ歩きもした。
私の長春滞在が抜群に楽しかったのは、二人によるところが
とても大きい。彼らはとても好奇心が強くて、
私が疑問をぶつけたことは、いつも全力で応えてくれたから。
nice!(0)  コメント(0) 

中国の友人 [生活]

十月の連休、この時期は中国も連休だそうで、
中国の吉林省に住む友人Sの一家が、
一週間の休みを取り、日本を旅行すると、連絡してきた。
彼らの予定では成田に着いた後、ディズニーランドへ。
そこで二泊した後、箱根、伊豆へと回り、途中、
多摩地区にある我家の近くのホテルに泊まった後、
新宿に泊まって、帰国するのだとか。

多摩地区に泊まるホテルは私が紹介した。
我が家から三十分で行けるので、その夜は一緒に
夕飯を摂ることに。
Sと夫のYは、三十代半ば。九歳の男児がいる。
二人に会うのは十年ぶり。男の子とは初めて。
どんな再会になるのだろう、と楽しみだった。
         (この項、続けます)

nice!(0)  コメント(0) 

運転中の出来事 [生活]

ささいなトラブルから高速道路で嫌がらせを受け、
追い越し車線で駐車させられたうえ、後続車に
追突されて、二人が亡くなり。嫌がらせした男が
逮捕される、という事件が起きた。いや、ようやく
事件化された、というべきか。

車を運転していると、時に信じられないような
場面に出くわすことがある。耳目を疑うような、
普通ならあり得ない、と思われることが・・・。
だいたいトラブルを引き起こす側は男性のようであるが。
人格を変えてしまうような、何か特別なことが、
運転という動作によって引き起こされてしまうのだろうか。

私は高速道路ではほとんど運転しないし、遠出もしないので
トラブルに巻き込まれた経験はとても少ないのだが。
一度だけ、近所を走っているときに、おかしな車に
遭遇してしまった。住宅地の中なのだが、一台の車
(フォルクスワーゲンのゴルフだった。私は車種には
あまり詳しくないが、米国でワーゲンの中古のラビットを
運転していたので、この車はすぐわかった)が、
ウインカーもつけずに左折しようとして、急に直進、
さらに急停止などを繰り返していた。

私は変だな、と思いながら距離を置いていたが、
家を探しているのかもしれない、と思い、
ノロノロ運転を始めるので、軽くクラクションを鳴らして
追い抜いたのである。すると、猛然と追いかけてきたのだ!
私は良く知っている道だったので、右折と左折を繰り返しながら
逃げようと思っていたのだが、しつこく追いかけられた。

赤信号にかかってしまい、停止したところで追いつかれ、
いきなり大声で「このヤロ!」と怒鳴られたのである。
クラクションを鳴らされたのが気に入らなかったのか。
三十歳くらいの男で、同乗者はいないみたい。
降りてくるのかな、と肝が冷えた。
すぐに信号が変わったので、近くにある交番で相談しようと、
そちらへ方向を変えたところ、もう追いかけて来なかった。
でも、まただらだらと変な動きを繰り返しながら、
遠ざかっていった。

他人に喧嘩を売るために変な運転を繰り返して
いたのではないか、と疑える。鬱憤のはけ口かも知れないが、
とても危険なことにちがいない。毎日、運転が仕事、
の人には、大変なことがあるのでは、と同情してしまう。
nice!(0)  コメント(0) 

栗ご飯 [食文化]

秋になったら一度は食べているのが栗ご飯。
結婚したての頃は、フルタイムの仕事もしていて
忙しかったのに、生栗から栗ご飯を作っていた。
「栗は剥くのが大変だから、剥いてある栗を買って
作ればいいじゃない」と、相棒が言うので
ここしばらくは、調理済みの栗を使用していたのだけれど。

今年はその剥き栗も近くのスーパーに置いてなくて。
近くの市道沿いに、農家の人が
自家産の野菜を販売している簡易店舗があり、
そこに立ち寄ってみた。300g入りで350円、という
手ごろな生栗があり、購入することに。

久しぶりの生栗から作る栗ご飯である。
だが、やはり栗剥きは大変であった。ネットに
渋皮剥きの簡単な方法が載っていたので、そのとおりに
やってみることに。鬼皮を剥いた後、小麦粉入りの水に
一晩漬けてから、こすり落とすというものだが、
十六粒の栗のうち、そのやり方で剥けたのは、なんと
一個だけ! これはどういうことだろう。

しかたなく、ガスレンジで表面を焼いた後、
包丁を使って剥くことにした。少し柔らかくなって、
包丁が使いやすくなるのである。

研いだお米に、塩、砂糖、醤油、酒を加え、
栗も入れて、電気釜で炊く。今使っている電気釜には
玄米、とかすし飯、とか炊き分け機能がついていて、
炊き込みご飯コースを選択。出来上がった栗ご飯、
自分で言うのもなんだが、かなりうまかった。
特に、栗がほっくりと甘くて、最高に美味!

予め剥いて売っている栗では出せない味なんだった。
でもやっぱり、栗剥きはかなり、しんどい。来年になると
また、作りたくなるかもしれないが、今年はこれで終わりです。
nice!(0)  コメント(0) 

Grits [食文化]

これも、滞米時に出会った食べ物である。
Grits、グリッツは、英語の辞書には粗びきの穀類、
と紹介されている例も多いが、私が暮らしていた
アメリカ南部では、グリッツといえば、トウモロコシ
の粗びき粉で作られた、粥状の食べ物を指していた。
北部の方ではあまり知られていない、南部独特の
食品だったようである。

南部の朝食として、かつてはあまり上等な食品では
なかったのかもしれないのだが、チーズを加えて
焼き上げて、スフレにしたり、ミルクを混ぜて
プディングにしたりと、ちょっとおしゃれに装った
料理が、「南部の朝食」という料理本に紹介されている。

ある時、英語の先生から、南部の朝食を食べる会、
を開くからいらっしゃい、と誘われて入った
ファミリーレストランで、これを食べた記憶がある。
この時のグリッツは、基本的な料理法によるものらしく
真っ白い、ふわふわしたお粥みたいな食べものだった。
美味というほどでもないが、口当たりが優しく、
消化も良さそうで朝食に食べるのは、合理的な感じがした。

『森に消える道』(ベネッセ刊)という児童書は、
サマーキャンプで酷いいじめにあった少年と少女が
手を取り合って逃避行を続けていく、という筋の
なかなか感動的な本だがその中にもグリッツが登場する。

 「まずそう! なにそれ?」
 少女は皿の中をのぞきこんだ。
 「グリッツだよ。とうもろこしでできているんだ。
  食べたことない?」
 少女は首を振った。
 「ぼくもはじめて。でもけっこういけるよ。シロップを
  いっぱいかけるとうまいんだ。・・・・」
        ブロック・コール作『森に消える道』
nice!(0)  コメント(0) 

Canned pumpkin [食文化]

アメリカで生活していたころに馴染んでいた食材、
第二弾、としてCanned Pumpkinを挙げたい。
これもあまり日本では見かけない。カボチャの
ペーストを缶詰にしたもの。甘味付けはされていない。
私はちょうど今頃、ハロウィンの季節になるといつも
懐かしく思い出してしまうのだが、もちろん缶詰なので、
一年中、使える。

アメリカでは南部の田舎町に暮らしていたので、
洗練されたお菓子には、なかなか出会えなかった。
寂しく思っていた折、近くのYWCAで
お菓子を作る料理教室に参加する機会があった。

アメリカのお菓子教室は、一般に大雑把な感じ。
せっかく教わるのだから、もっと凝ったものを、
と思ってしまうのが、よく考えれば、毎日利用できる、
手軽な料理を、数多く知っていた方が便利に決まっている。
いきなり缶詰のカボチャを使うと知ったときは、
ちょっと呆れたのだけれど、これもまた合理的。
いかにもアメリカらしいのである。

このペーストからつくったのは、クッキー、
パン、そしてスポンジケーキ。
どれも簡単だけれど、とりわけ簡単なのが、
スポンジケーキで、ホットケーキミックスに
カボチャのペーストを混ぜて、オーブンで焼くだけ。
アメリカのオーブンは家庭用でも巨大で、火の
回りが抜群だから、素晴らしくおいしいケーキができる。

思い出すと懐かしくなるけれど、日本に住んでいると、
あまり利用はしないかもしれない。
日本では、手軽に食べられる美味なお菓子が安価に、
かつ簡単に入手できちゃうから。


nice!(0)  コメント(0) 

Canned biscuits [食文化]

アメリカで暮していた日々に馴染んだ食品を、
時々、ふっと懐かしく思い出すことがある。
その一つが、缶入りのビスケット。こう書くと、
森永のマリービスケットみたいな、薄く硬く
焼かれたお菓子の、缶入り詰め合わせ、みたいなものを
思い浮かべる方が多いはず。
でも、それとはまったく違うものなのである。
もしかすると、アメリカでも南部の方で一般的な
食品だったかもしれない。

アメリカ南部では朝食にビスケットを食べる習慣が、
植民地時代からあったそうだ。それは、直径七、八
センチくらいの、厚みのある円盤型に成形される
ことが多く、表面はカリッとしているが中央部は
パンのように柔らかく、甘味付けはされていない。

焼きたてのビスケットにバターを塗り、
朝の主食として利用されてきたのである。
そして朝の忙しい時に、すぐに焼きたての
表面はかりかり、中はふわっと柔らかい、美味な
ビスケットが食べられるようにと開発されたのが、
Canned Biscuitである。小麦粉にベーキングパウダーと
水を加えて練り上げたビスケット生地がそのまま、
缶詰になっているのだった。

直径数センチ、長さ十センチくらいの筒型の容器入りで、
先端の二か所だけが金属、筒の部分は厚紙に
なっている。らせん状に巻かれた形になっているので、
これを剥がすと、ぽんっと、弾けるように真っ白い中身が
飛び出てくる。まさに発酵の済んだビスケット生地である。

それを適当に切って(切れ目が付いているものもある)、
熱したオーブンに入れると、ほんの二、三分で
ほっかほっかのビスケットが出来上がる。これが
美味しくて、私はよく朝食用に買いそろえておいたもの
だった。でも、日本でお目にかかったことがない。

ネットのUSAのサイトで調べてみると、レシピと共に
どっと、登場。もう、懐かしくてじんとしてしまった。
日本にあってもきっとそれなりに売れると思うのだけれど。
いや、主食がビスケットなんて、言葉だけで違和感を
覚える人が多いか・・・。ちょっと残念だ。
nice!(0)  コメント(0) 

いがまんじゅう [食文化]

伊賀饅頭ではありません、栗のいがいが風饅頭。
見た目からつけられてらしい、埼玉県の名物料理。
五年前に『お菓子のうた 甘味の文化誌』
(最近出した『郷土菓子のうた』はその続編)を
刊行した時、歌の仲間の一人が、送ってくれました。

届いた品をみてびっくり!なんとソフトボールにも
近い大きさ、そしてずっしりと重い。私が持て余すかも、
と怖れたらしく「冷凍庫でも保存できます」と、ご親切な
注釈をつけて下さって、有難かった!
少しずつ切り分けて、解凍しながら頂きました。

さて、なぜにこのようにでかいのか、というと、
お赤飯のおにぎりの中に、餡入りの饅頭が入っているから
なのだった。家族に赤飯党と饅頭党がいると、主婦は
両方の好みに応えるのが大変なので、いっそ、一つに
してしまえ、ということで生まれたらしい。

手元にある「朝日食べ物百科」の埼玉県の項に、
いがまんじゅうも載っていた。その製法は
見た目や実質以上に豪快である。

まず、ささげを煮て、その中に洗ったもち米を一晩
漬けておく。小麦粉、砂糖、ベーキングパウダーを水でこね、
まんじゅうの皮を作り、小分けにして小豆餡を包む。
蒸し器に布を敷き、その上にササゲと餅米を敷き、
まんじゅうを少し離して並べる。その上にササゲと餅米を敷き、
まんじゅうを並べ・・・を繰り返し(いったい、どんなでかい
蒸し器なんだ)、一気に強火で蒸し上げる。蒸しあがったら、
適当に赤飯で饅頭を包んで完了、というもの。

つまり、赤飯と蒸し饅頭を同時に作ってしまうのである。
大家族を抱えていた主婦の窮余の策だったのだろう。
そう思うとやけっぱちなくらいに、ドでかく見えてくる。
あ、味は良かったです。特にササゲのお赤飯、好みでした。
現在は菓子舗で商品生産されることがほとんどのようですが・・・。
nice!(0)  コメント(0) 

Pay the Ghost [映画]

邦題は、「ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄」
という映画。ほとんど期待していなかったが、主演が
大好きなニコラス・ケイジなので、見ることに。

NYで大学に勤める壮年の男。仕事が忙しく、なかなか
家族サービスができない。ハロウィンの夜、
ようやく息子と二人だけの時間が持てたわずかの間に、
息子はかき消えたようにいなくなってしまう。
仮装で賑わう人々の間を必死に探し回る父親。
必死の捜索もむなしく、息子はみつからない。
母親は半狂乱になり、二人は別居生活に入る・・・。

まもなく一年になろうとする頃に、父親は
失踪した子供の見つかる確率が、ハロウィンの
日だけ、とりわけ低いことに気が付くのである。

その後は、なんというか超自然現象を伴う、お定まり的
展開になっていく。とはいえ、ぞっとするほど不気味、
とか、恐ろしいとかいうほどのものでもなくて、
家族が見られる映画としての節度が保たれている感じ。

ただ、この映画はハロウィンという行事のある一面を
照らし出してくれている、と気が付いた。多くの人が
仮装して街に繰り出す、ということの恐さである。

みんなが匿名性を帯びる。これは犯罪に直結しやすい。
もうすぐハロウィン。日本ではこの行事がさほど
根付かないのでは、と思っていたのだけれど、どっこい、
今や、東京はどこよりも過激に華々しく行われる街
となりつつあるようだ。やれやれ、である。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -